セックスしてからしばらくは「もうセックスはいいかな…」と考える方も結構いらっしゃるようです。男性は射精することでこうした状態になり、俗に『賢者タイム』とも呼ばれてまして、それがしばらく継続することもあるのですね。

ただ、この賢者タイムに関してはかなり個人差があり、よほど連射しない限りはまったく訪れないという人もいます。とくに若くて体力があれば賢者タイムよりもムラムラが上回り、それこそ相手が受け入れてくれる限り何度も求めてしまうでしょう。

私も賢者タイムになりにくい体質なのか、一度セックスしたくらいで飽きることはありません。むしろ、1回出したほうがさらにムラムラが続くというか、その余韻に任せてまた求めることもしばしばありました。

なので女性と泊まりがけでセックスするときは、朝になったらまた求めることが多いです。昨日の興奮が冷めやらぬうちに行うセックスは気持ち良く、朝立ちをそのまま処理するというのは大変心地いいでしょう。性欲の強い男性は、ぜひ朝セックスをお試しください。

この前も神待ち女性と夜にしただけでなく、翌朝もすごくムラムラしていたので朝セックスを楽しませてもらいました。相手は朝から求められるなんて思っていなかったのか、私の興奮ぶりに少し驚いていたものの、簡単に濡れてくれてすぐに楽しめたのです。

神待ちしている女性ってAVにしか実在していなさそうですが、出会い系とかを使えばたまに見つかります。私も独り身なのでちょくちょく出会い系をチェックしていますが、恋人にしたくなるような人はもちろんのこと、すぐにセックスをさせてくれそうな人も散見されました。

それで今回誘ったのが神待ち女性であり、先ほどから書いている朝セックスを楽しませてもらったのです。相手は夜だけで終わると思っていたみたいだし、朝から求められたことはなかったのか、新鮮な気持ちだったのだと思います。

家に連れ込んだタイミングが夜だったので、軽く食事を済ませたらすぐにセックスをしました。夜に行うセックスというのも十分気持ちいいし、久々なのでたくさん出たのです。しかし、それでもなおムラムラが残っています。

そんな状態のまま翌朝を迎えたら、もちろん朝立ちもしていました。そして朝立ちペニスを相手に押し付けるとほどなくして起きて、「今からするんですか?」と言いつつも付き合ってくれたのです。朝立ちペニスはとても敏感で、夜にしたときよりも早く出ましたし、量もなかなか多めでした。