最近は中出しで終わるAVも増えてきましたが、それ以外だと『顔射』で終わる作品も多く、『女性にとって大切な顔を汚す征服感』がたまりませんよね?もしも自分がセックスするときも、外出しOKなら顔射をしてみたいでしょう。

しかし、実際に顔射をさせてもらうのは難しく、そもそも外出しで体にかけさせてもらうのも一苦労なのです。普通にセックスする場合はゴムを着用するので、そのままゴムに出すのが一般的ですよね?そして子作りをするなら中以外に出すのは意味がないし、顔射の立ち位置というのは微妙なのですね。

ちなみに精子をキレイに拭き取るのは大変なように、顔射される側からしたら後始末が面倒に感じます。とくに女性の場合は髪にかかると非常に嫌がるため、普通の相手なら顔射をお願いしても「え、そのままゴムに出せばいいじゃん」で終わりでしょう。

私もこれまで数人の女性と付き合い、セックスもさせてもらいましたが、顔射をOKしてくれた女性はいません。「髪についたら大変だし…」とか「匂いがちょっとアレだし…」という風に拒否されてしまえば、無理強いできないのです。

しかし、この前は顔射もOKしてくれる人が見つかりまして、長年の夢も叶えることができました。それは恋人ではなく『神待ちしていた女性』でして、こういう女性たちは泊まるために多少の無茶はしてくれるから、顔射も実現しやすいですよ。

神待ちしていたサイトにて「実はずっと顔射をしてみたかったんだけど、お願いできる?」と聞いたら、「直前までゴムを着けてくれるなら、いいですよ!」と言ってくれました。泊まるためとはいえ快くOKしてもらい、私もすごくうれしかったです。

家に招き入れたら普通にお触りをしつつ準備をして、挿入するときもちゃんとゴムを着けました。生で入れて出すときだけ外に…というのもいいですが、外出しでも妊娠する可能性はありますので、顔射ができるならあまりワガママを言ってはいけません。

相手の中の具合も良かったし、顔射できることもあって、私の射精は結構早かったです。で、出す直前にゴムを外して相手の顔に狙いを定めたら、勢いよく精子をぶっかけました。2日ほどためていた精子は非常に濃厚であり、相手の顔に「べちゃっ!」って感じで叩きつけられたのです。

なお、顔射を受け入れてくれたものの、やっぱり気持ちのいいものではないのか、この神待ち女性も「もう洗っていいですか?」と言ってすぐに顔を綺麗にしました。もうちょっと精子のついた顔を見ていたかったですが、射精後は賢者タイムのおかげで、すぐに満足できたのです。