神待ち掲示板には家出少女が集まりやすい時間帯とそうでは無い時間帯が存在する。逆に言えばその家出少女が集まりやすい時間帯に神待ち掲示板を使いさえすればいつでも家出少女と繋がることができるのではないだろうか?

神待ち掲示板に家出少女が集まりやすい時間

さて本題に入ろう。

 

神待ち掲示板に家出少女が集まりやすい時間は夜中。

・・・と言いたいところだがそれは間違いだ。

 

では早朝は?

・・・これも外れだ。

 

世間一般的には夜中だとか朝方・早朝に家出少女が大繁殖しそうなものだが、それは素人の考えである。

 

家出少女とは時として予想外の行動に出る。

 

家出をしているのだから学校へ行かない娘、バイトに行かない娘等たくさんいる。

そう。

つまり朝。

 

それも10時~11時の間が実は神待ちしている家出少女が一番多いとされている。

 

世間は会社や学校で仕事や勉強をしている時間。

彼女たちはあえてそこを狙って現れる。

 

夜型の仕事をしている俺が眠い目をこすりながら検証した甲斐があったというわけだ。

 

書き込みのリアルタイムさに俺の眠気はどこえやら。

書き込みを頼りにすぐに会えそうな家出少女を探す。

神待ちする家出少女は朝が狙い目

するといた。

18歳の家出少女が。

 

学校は当然サボっているのだろう。

こんな時間に神待ち掲示板に書き込みをしているのだ。

 

俺はすぐに迎えに行く旨を返事して車を待ち合わせ場所へ走らせる。

期待に股間を膨らませ・・・じゃなくて胸を膨らませながら30分ほど走る。

 

夜勤明けの俺は腹も減っていたし、家出少女ももちろん何も食べていない。

これはちょうどいい。

 

約束の場所に着き、彼女を車に載せ近所のファミレスへ。

そこで飯を食った後はホテルへ向かう。

 

ホテルへチェックインした後はソファに座り休憩。

雑談をしながら家出少女を抱き寄せる。

 

軽くキス。それから舌が絡み会う。

俺は我慢できなくなった。

家出少女を押し倒す。

 

軽く乳首を触ってみると勃っている。

そのまま吸い付く。

 

舌の方を触ってみると少し汗ばんでいるが不快な感じは無い。

構わず下着を脱がせクンニをする。

少し汗臭かったが構わない。

 

しばらくすると家出少女の下半身はびしょびしょに。

漏らしたのでは無いかと思ったが、それはなさそうだ。

そのまま挿入。いい具合に濡れているからかするりと家出少女の割れ目の中へ飲み込まれる俺の自慢の竿。

腰を激しく振って中だしフィニッシュ。

最後は俺の竿をお掃除フェラしてもらい終了。

 

神待ち掲示板のゴールデンタイムは朝の10時だということが判明したのだが、これは今の時期の話。季節が変わればゴールデンタイムも変動するだろうからまた要検証が必要だ。確かにこの時期は肌寒いから家出少女が夜中や朝方にひっそりと神待ちをしているとは考え難い。